貿易などの仕事に転職することで海外を目指そう

海外と関わりを持つ仕事とはどんなものか

多くの日本人が海外に旅行に行ったりするように、海外の人も日本へ旅行に来ることが多くなりました。また、旅行だけではなく、ビジネスとして訪れる人もいます。そんな人達と関わることが出来る仕事は、実はたくさんあります。貿易も去ることながら、最近では翻訳家や教師の仕事でも、海外と関わることができます。

外国人との関わりを持つ仕事に重要なポイント

トラック

相手との意思疎通を測るための語学力

同じ日本人ならば慣れ親しんだ言葉で簡単に意思疎通を取ることができます。しかし、日本人が外国の言葉がわからないように、海外の人達も日本の言葉が分からない人は多くいます。そのため、取引をする国の言葉をある程度学ぶ必要があります。言葉1つ間違えてトラブルに繋がるのは、どの世界でも共通する事です。

様々な国の情勢を知っておく事

取引をする国によっては、情勢が目まぐるしく変わることがあります。その場合、取引に大きな影響を及ぼしてしまうことも少なくはありません。情勢を知っているのと知らないのでは、雲泥の差があると言われています。仕事の予備知識として、国の情勢に目を通しておきましょう。

臨機応変に対応できる柔軟さ

国によって情勢も様々ですが、それ以上に多いのが価値観の違いや天候の変化です。計画を立てた時はこの流れで大丈夫と思っていても、いざ現場に向かえば、その計画が全く役に立たないなども起こります。そのため、臨機応変に物事を考えることの出来る柔軟な考え方も大切です。

貿易などの仕事に転職することで海外を目指そう

地図

貿易の仕事にはこういったものがある

貿易と一口に言っても、様々な職種があります。海外と商品の売買を行う商社や国際貨物を運ぶ物流業者、海外との多くの事務的業務を行う貿易事務や海外との輸出入で通る税関で業務を行う通関士等があります。多くの人が関わって、貿易業務と呼ばれます。

貿易

貿易事務の魅力とはどんなものか

海外との事務処理と聞いても、どういったことをするのか悩んでしまいます。貿易事務とは、一般事務と同じように様々な書類作成や管理を行いますが、大きく異なってくるのが、語学力が必須な事、海外との取引の最前線で共に働くと言うことです。そのため、難しい事もありますが、その1つ1つをスキルに変えることができるのが、貿易事務の魅力です。

貿易

貿易の仕事に転職することは難しいことか

今までに1度でも貿易業務に関わってきた人の転職ならば、その時の世界情勢を理解できれば難しくはありません。しかし、未経験者からの転職になると難しくなってきます。たとえば、貿易事務は多くが経験者を求めている企業が多いです。また、語学力が必要水準に達していない場合は、語学力を身につける必要もあります。

未経験者でもチャンスがないわけではない!

貿易業務は経験者が優先と言われています。しかし、未経験者だからといって採用されないという事はありません。経験したことが無くても、英語などの語学力スキルが高ければ、それも採用ポイントとして見てもらえる事があります。また、貿易業務の中には、語学力が無くても出来る仕事もあります。しかし、やはり外国の人と関わる仕事に変わりは無いため、身につける事は大切になってきます。

広告募集中